世界初の早漏治療薬「プリリジー」

日本医師会雑誌で掲載されるプリリジーの効能

プリリジーという医薬品は、早漏治療の目的で多くの医療機関で処方されています。早漏の問題は、単に射精に至るまでの時間が短い身体的な不具合だと考えられがちですが、実際は射精にともなう障害は不妊という問題とも深く関連性がある不具合です。その為、この不妊症の改善という観点から、プリリジーの有効性が日本医師会雑誌などにも掲載されています。
日本医師会雑誌はオンライン経由で情報を配信していることもあり、医療関連の最新情報を入手するには欠かせない媒体です。また、日本医師会雑誌は執筆者に、専門的な分野の著名なドクターを迎え、多分野の最新情報を掲載している為、早漏などの身体的な問題も多角的な視点からアプローチすることができます。
プリリジーの有効成分の特徴は、脳内の興奮を抑制することで、性行為に対する感度を下げるものです。これはプリリジーには脳内で神経伝達の分泌を促進させる作用があるためで、過度な興奮状態が改善される事で、射精に至るまでの時間が長くなります。
このプリリジーの持つ特殊な作用機序は、鬱病などを発症した際に処方される薬剤とも重複する部分があり、その薬効は日本医師会雑誌に掲載されているそのほかの分野の臨床データや症例からも証明されているものです。
早漏という問題は、この脳内神経の伝達を担う物質に大きな変化を与え、ストレスに対する感度を低下させることで、効率良く解消できる症例が多くあるのが現状です。そのため、プリリジーにより過度に性的な興奮を抑えることができ、その他にも精神を落ち着かせるなどの相互的な作用も期待できまます。プリリジーのストレスへの感度を低下させる効能は、精神的な健康状態を整えるためにも有効に作用をするケースが見受けられます。