世界初の早漏治療薬「プリリジー」

世界一の早漏防止薬プリリジーで敏感さを抑える

早漏になりやすいのは、ペニスが鍛えられていない初心者や、興奮しやすい脳を持った人です。
最初の頃は、ほとんどの男性が早漏気味だと言われています。ベストタイミングが把握できていませんし、性行為にも慣れていないからです。
徐々に慣れてくると早漏は改善されていきますが、生まれつき脳内のセロトニン量が少ない人は症状が続きやすいと言われています。また、加齢によって射精を抑える筋肉が衰えて早漏になってしまうケースもあります。
早漏防止薬として世界一のシェアを誇っているのが、プリリジーです。世界一でもありますし、世界初の早漏に対する飲み薬でもあります。従来までの早漏治療薬は、局部に塗ったりスプレーして麻痺させる外用薬が一般的でした。
しかし、世界一のシェアを誇るプリリジーは、飲んで使うことが出来ます。前立腺に疾患のある人は局所麻酔薬は使えませんでしたが、プリリジーは飲んで使うので使えます。
早漏の原因は、性的刺激に対して敏感すぎることです。その敏感さを抑えるのは、プリリジーの有効成分ダポキセチンという成分です。
ダポキセチンには、抗うつ剤と同じSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)系の作用があり、神経細胞にセロトニンが吸収されてしまうのを防いで、セロトニンの量を増やします。セロトニンが増えると、脳の興奮がおさまるので、興奮がおさまり、性的刺激に対して強くなります。敏感すぎるのが悩みの人に有効な飲み薬です。
ただし、プリリジーにはいくつか副作用が報告されています。多いのは下痢で、ひどい人だと日常生活に支障をきたすほどの激痛に襲われることもあります。使い始めは体に合うかどうかを確認するために、用量よりも少なめに使うと安全です。